即会い

貧乳のセフレと出会い系を通じで出会い性処理する相手を作る

子どもが出来てからと言う物、妻は私とのセックスを拒絶するようになり、私は性欲を処理できなくなってしまいました。
それで一時は風俗にも行ってみましたが、あまり楽しくないので行くのをやめてしまったのです。
そこで私は出会い系で、一般女性と会う事にしました。

やはり性を仕事にしている女性よりも、出会い系で会う普通の女性の方がいいと思ったのです。
そんな出会い系で、私は一人の女性と出会いました。
彼女は自分の貧乳をコンプレックスに感じているようで、私と初めて会った時も貧乳の女性をどう思うか聞いてきました。
私は女性の胸の大きさにはほとんど関心がなかったので、「別に気にしないよ」と言ったのです。
それでも彼女は「本当に?」と聞いてくるので、私は「じゃあベッドの上で証明してあげようか?」と冗談のつもりで言いました。
そしたら彼女はそれを真に受けたようで、「じゃあ御願い」と言い返しました。
私は冗談のつもりで言ったのですが、彼女の真剣な眼差しに冗談とも言えず、ホテルに一緒に行くことにしたのです。
部屋に入ると私は彼女の服を脱がせ、私も服を脱ぎ、彼女をベッドに寝かせました。
そして彼女にキスをして、胸に手をやりました。
確かに彼女の言う通り、彼女の胸は真っ平らに近い形だったのです。
だから揉むことができなかったので、撫でる程度にしました。
ですが乳首の方はしっかりと勃起していたので、指や舌で念入りに愛撫してあげたのです。
それで彼女の気分が乗ってきたようだったので、私は彼女の割れ目に指を入れ、中を掻きまわしたのです。
これで彼女だけでなく私も興奮をしたので、一気に彼女の割れ目へとおったったちんちんを入れました。
そして力の限り腰を前後に揺り動かしたのです。
彼女はそれでイッタようで、私も少し遅れてイカせてもらいました。
私が彼女の体を十分愛したのが良かったようで、彼女は私とセフレ関係になりたいと懇願してきたのです。
性欲を処理する相手を求めていた私は、渡りに船だと思い、彼女とセフレ関係となったのです。
彼女は相当私の事が気に入ったのか、会うといつもべたべたしてくれるので、良いセフレが出来たなと密かに思っています。
「埼玉県:30代:男性:会社員」