女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓



返済金額計算


借入額、返済日数、金利より毎月の返済金額を計算します


  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

返済期間計算


借入額、返済金額、金利より毎月の返済期間を計算します


  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • ご返済金額
  • 千円
  • 例)8千円
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

借入可能額計算


返済回数、返済金額、金利より毎月の借入可能額を計算します


  • ご返済金額
  • 千円
  • 例)8千円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

消費者金優 案内


■長く利用を続ける予定ならばカードローンの上限金利も会社ごとにチェックしよう

カードローンを利用する前に金利を見ると思いますけど、会社ごとの金利の表示では上限金利を細かく見ていく人が多いでしょう。

初めての借り入れの際などでは上限金利が適用されることがほとんどであり、上限金利をチェックするのは正しい判断と言えるでしょう。

しかし、その会社を今後長く使っていきたいと思っているときには下限金利もチェックしておいた方が良いのです。

というのも、同じ会社で何度も借りて、返済をするということをしていくと、どんどん会社からの信用が上がります。

すると、増枠になったり、金利が低くなったりするということがあるので、どんどん下限金利に近づいていくことになるのです。

場合によっては下限金利が適用されることがあるので、そのときには下限金利が低い会社の方が有利というか、お得になります。

だからこそ、そういった状況を想定すると下限金利というのも、利用前には重要なポイントとなります。

下限金利の適用には、真面目な利用を心掛けないといけませんけど、そういったケースが考えられるような人、長くこれから利用していき、真面目に返済をしようと考えている人は下限金利を見ておく大切さを知っておいてほしいです。

■カードローンなどでのお金を借りるときの有用性

カードローンの最も大きな利便性と言えるのがいつでも借りることができるようになるということです。

申込みからしなければならない、という事になりますとさすがに厳しいことも多いのですが最近では即日融資を謳っているところも多くなっています。

まして、既にカードを発行してもらっている状態であれば融資可能限度額の範囲内の融資であれば夜中であろうと朝方であろうと土日であろうといつでも資金確保ができるようになります。そういうことが最も大きな利便性であるというのは間違いないことでしょう。

カードローンに申し込むということに関しても最近ではかなり審査のスピードが早くなっていたりしますので借りるために事前にカードを発行してもらっておくということがベストではありますがピザ本当に必要になった時、申し込みをするというのも悪くはないです。

それができるくらい早い審査になっています。融資可能限度額範囲内であれば何度でも、というのは大きな利点です。

PAGE TOP